2017年08月02日

Barranquillaに着いて20日

初めまして!
コロンビアのUniversidad del Norte(これからはUninorteと略します)に派遣交換留学制度を利用して留学している大木です。
国際総合政策学科グローバルスタディーコースの2年の前期後半の7月12日から留学しました。

前期で30単位を取ろうと無茶な履修を組んでいましたが、ようやく授業が終わり(先生に無茶を言い特別課題などをいただき、みんなより早く前期を終わらせていただきました。ありがとうございます。)
部活のメンバーや友達などに別れを告げて、コロンビアへと旅立ってからもう20日たちました。

コロンビアへ行く際の経由地はNew YorkのすぐそばのNewark Liberty国際空港でした。コロンビアのボゴタまで行く飛行機まで7時間ほどの待ち時間があったので、憧れの(?)マンハッタンに言って来たので写真を載せておきます(笑)Foto 13-7-17 7 33 46.jpgFoto 13-7-17 9 11 21.jpg

ボゴタへ着くと少し肌寒かったです。ボゴタは標高2600mほどなので一年中春のような気候らしいです。そしてまだ早朝のため暗かったです。ですが荷物を受け取ったり、お金をドルからペソに両替したりしていたら明るくなっていました。Foto 13-7-17 11 09 00.jpg

機内食も個人的に少なかったので朝食を食べようとレストランが多くあるところへ行き、Changuaという伝統的な朝食メニューらしいものを買ってみました。正直言って好きではありませんでした(笑)パクチーとパンとチーズと卵が入っています。パクチーは好きなのですが、味付けがされていないような味でした。Foto 13-7-17 20 31 20 (1).jpg

バランキーヤに着くとバディーの人が迎えに来てくれました。タクシーでホストファミリーの家まで向かう途中の景色が色々な意味で刺激的でした。南米はやはり貧困の差が大きく、地域ごとに結構街並みが変わります。そして治安もなかなか悪いです。スマホ、腕時計、カメラは身につけていたら危険らしいです。みんなに注意されます。

ここで一旦切って、次は学校について書きたいと思います。
posted by 日大国際留学生 at 01:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください