2017年08月15日

カルタヘナ

さて、ここはどこでしょう。
Foto 31-7-17 5 21 58.jpg
Foto 30-7-17 1 20 33.jpg
カルタヘナに旅行して来ました。大木です。コロンビアです。ヨーロッパではありません。
カルタヘナは、コロンビアで一番観光客が多い街らしいです。このような海賊などから攻撃を防ぐための砦や綺麗な街並みなどが世界遺産に登録されているらしいです。

7月28日まだこの街に来て半月でした。
授業が終わり、バスで向かうこと2時間。寝てたらあっという間にカルタヘナにつきました。
ホステルについたら金曜日授業がない友人たちが先に待っていました!
プールなどがあるホステルでとても綺麗でした。

そして、カルタヘナに来たら欠かせないのが魚料理。
Foto 29-7-17 11 11 25.jpg
次の日はビーチに向かいました。
カルタヘナ周辺には無数の島があり、陸地から離れている分綺麗です。
ですが、、安くいける近くの島で今回は我慢しました。また訪れる機会があったら、違う綺麗な島に行きたいと思います。
Foto 29-7-17 15 59 24.jpg
とはいえ、どっちにしろ綺麗でした笑
船はやっぱり楽しいです

夜はもちろんDiscoteca
Foto 29-7-17 13 24 49.jpg

この街はとても綺麗で料理も美味しく楽しい街なので一緒に来た友人もみんなまた来たいとのことでした。
私たちが住んでる街も都会ですが、カルタヘナの綺麗な街とビーチはやっぱり魅力的です。

バランキージャから片道2,000cop(だいたい800円)なのでまあまあ安いです。
また行きます。Hasta luego.

posted by 日大国際留学生 at 03:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

VIDA UNIVERSITARIA EN UNINORTE ノルテ大学でのキャンパスライフ!

ほぼ地球の反対側から ¡Hola a todos!

ただいまコロンビアノルテ大学に派遣交換留学生として留学している、国際総合政策学科2年の高杉奈央(TAKASUGI NAO)です!幼児教育学部にて学んでいます!

今回はノルテ大学でのキャンパスライフがどのようなものかをお届けしたいと思います!

最初は授業がどのように行われるかについてご紹介したく思います!

こちらの大学でも主にアクティブラーニングを通して授業が展開されます。
この写真は幼児教育学部の授業の一つ、教育学における言語表現についての授業です。
園児や児童、生徒と接する際にどういった言語表現が有効か、または適切かについてを学びます。
以下の写真で寝転がっているのが、恥ずかしながら私です!
型を取っているところです!

IMG_3719.JPG

紙を自分と同じ大きさに切って、それぞれの体のパーツに自分の意見を書きました。
言語表現に関して思いつく動詞をあげ、なぜその動詞を思いついたのかについて自分の意見を発表していきます。
みんなこんな感じで書きました!(これは私のホームステイ先で撮りました!!)

IMG_3734.JPG

またノルテ大学には世界各国からの留学生が来ていて、コロンビアだけではなく各国の教育事情も聞く機会が多いです!!
とにかく楽しい!!



次はノルテ大学キャンパスライフをお届けします!

ノルテ大学では文化交流も盛んで、週末に集まって踊ったり歌ったりするFiestaと呼ばれるパーティーに行ったり、サルサ(Salsa)やチャンペタと呼ばれるコロンビアの踊りを友達から教わったりしています!
私も日本文化を幼児教育学部の友達に教えました!折り紙です!

IMG_3711.JPG

難しいと言いながら、みんな何とか鶴を完成させることができました!
また、私が背が低いのに苗字の「高杉」の意味は背が高いという意味もあると言ったら、幼児教育学部の友達のジェニファーが大爆笑して私の苗字の歌を作ってくれました!!


このような感じで毎日ノルテ大学でのキャンパスライフを楽しく送っています!

次回はコロンビアで私が見つけた美味しい食べ物についてお伝えします!

それでは ¡Hasta luego!
posted by 日大国際留学生 at 06:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

Universidad del Norte

こんにちは!
コロンビアのUninorteに留学している大木です!
連投になりますが、備忘録というか後々まとめる時に忘れないように記録に残しておきたいのでできるだけこまめに投稿したいと思います。

家に着いて、ホストファミリーの方に挨拶を済ませ念願のシャワーを浴びてようやく寝られました。おそらく40時間以上ぶりのきちんとした睡眠でした。

そこから一週間はくらいは時差ボケとの戦いでした。午後2時くらいになるととてつもない眠気に襲われました。
学校が始まる一週間前に来てよかったと思いました。

開講式は多くの現地学生と多くの留学生がいました。多分120人くらいです(笑)
ヨーロッパとメキシコから来た留学生が大多数で、その他近隣の南米諸国と日中韓から2人ずついました。
そのあとミニ運動会のようなものが開催されこの暑い中だるいと思いながら参加したら面白かったです。
留学生が多いので名前を覚えるのが大変ですがとても楽しいです。この写真は目にまつ毛が入っていて我慢しながら撮りました笑
Foto 18-7-17 19 22 34.jpg

学校の説明やバランキーヤについてのオリエンテーションなども全部スペイン語なので結構勉強してから来ないと大変かもしれませんが、多くの学生や先生が英語を話せます。しかしもちろん授業はスペイン語なのでスペイン語はやはり必要です。私はスペイン語の方が英語よりできましたが、どちらも中途半端なので英会話をもっと練習しておけはよかったと後悔しています。

学校までバスで行くのですがそのバスが衝撃的です。とても揺れて、クーラなどもちろんないので暑いです。
また学校内には猫やイグアナ大きいネズミみたいな生き物が多くおり、木の上などに潜んでいます。たまに排泄物が上から落ちて来ます、、、
Foto 19-7-17 10 44 48.jpg

学校はとても広く建物も新しく綺麗です。また食堂やカフェには世界中の料理があります。どれもまあまあ安いです。自分で持って来た弁当などをレンジで温めたり洗ったりできるスペースもあります。写真がなくてすいません。もちろんセキュリティーがしっかりしているので治安が外とは大違いです。

外はもちろん暑いですが教室の中はクーラーがガンガン効いてるので大丈夫(?)です。
しかしこの厳しい暑さにもだいぶ慣れて来たので授業がないときはほとんど外にいます。

しかし、学校が早くて朝6時半にはじまり、遅くて夜8時半に終わります。
私の時間割は月曜日が7時半から8時半までで、次の日が6時半から始まります。普通にしんどいです、、、

また周りの学生よりも多く授業を履修しているので普通に大変です。22単位分取っています。
私はこちらでも国際関係学を勉強していますが、基本少数授業なのでプレゼンや発表が多く大変です。
授業の内容は、例えば政治学や外交論、地理などの講義ではコロンビアや、周辺諸国などを例に挙げ学習するので面白いです。

連続なので乱文失礼します。
次回は観光について書きたいと思います。
それでは¡Hasta luego!


posted by 日大国際留学生 at 02:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Barranquillaに着いて20日

初めまして!
コロンビアのUniversidad del Norte(これからはUninorteと略します)に派遣交換留学制度を利用して留学している大木です。
国際総合政策学科グローバルスタディーコースの2年の前期後半の7月12日から留学しました。

前期で30単位を取ろうと無茶な履修を組んでいましたが、ようやく授業が終わり(先生に無茶を言い特別課題などをいただき、みんなより早く前期を終わらせていただきました。ありがとうございます。)
部活のメンバーや友達などに別れを告げて、コロンビアへと旅立ってからもう20日たちました。

コロンビアへ行く際の経由地はNew YorkのすぐそばのNewark Liberty国際空港でした。コロンビアのボゴタまで行く飛行機まで7時間ほどの待ち時間があったので、憧れの(?)マンハッタンに言って来たので写真を載せておきます(笑)Foto 13-7-17 7 33 46.jpgFoto 13-7-17 9 11 21.jpg

ボゴタへ着くと少し肌寒かったです。ボゴタは標高2600mほどなので一年中春のような気候らしいです。そしてまだ早朝のため暗かったです。ですが荷物を受け取ったり、お金をドルからペソに両替したりしていたら明るくなっていました。Foto 13-7-17 11 09 00.jpg

機内食も個人的に少なかったので朝食を食べようとレストランが多くあるところへ行き、Changuaという伝統的な朝食メニューらしいものを買ってみました。正直言って好きではありませんでした(笑)パクチーとパンとチーズと卵が入っています。パクチーは好きなのですが、味付けがされていないような味でした。Foto 13-7-17 20 31 20 (1).jpg

バランキーヤに着くとバディーの人が迎えに来てくれました。タクシーでホストファミリーの家まで向かう途中の景色が色々な意味で刺激的でした。南米はやはり貧困の差が大きく、地域ごとに結構街並みが変わります。そして治安もなかなか悪いです。スマホ、腕時計、カメラは身につけていたら危険らしいです。みんなに注意されます。

ここで一旦切って、次は学校について書きたいと思います。
posted by 日大国際留学生 at 01:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする